<<BACK
NEXT>>
<< 一覧に戻る >>
No.015
ドドド…

この季節になると、
彼等は生れ故郷の川…の畔を駆け上がる。

地響きと共に彼等が駆け抜けた土地の草木は
見るも無惨に踏みつけられてしまうが、

研究者によると、彼等に踏みつけられることで しか
種を土へ落とす術を持たない植物がほとんど だそうだ。

 

巨大な魚群が、空を通り過ぎるのを眺めたいな…と思ったんですが、それって怖いなぁ…と考えていたら、イメージの中に足が。足は、脚部分のみにしてみました。例えば、指のついた足そのものを絵で表現してしまうとリアルすぎると感じましたし、バランスも難しいと思ったからです。そのかわりにタイトルを擬音にすることで、イメージを補充できないかな?と目論んだんですが…